わきがを治す方法 わきが日記

わきがを自力で治す方法!?病院で処方されるレベルの制汗剤を購入して試してみた

更新日:

わきがを自力で治す方法!?

わきがや脇汗の量、ニオイにお悩みの方は非常に多いと思います。

 

わきがを治す方法として、一般的によく言われるのが手術ですが、手術には、費用が高い、傷が残る、再発することがある、といったデメリットが非常に多いように感じます。

 

実際私も、手術を検討した時期もありましたが、美容外科の口コミや、わきが手術をした人のブログやTwitterを見てみると生々しい傷跡とともに、「再発した」「ニオイが出てきた」という声が多く、

なかなか手術に踏み切ることができませんでした。

 

しかし、その後、わきがについていろいろ調べると、外国人のほとんどがわきがという事実や、その外国人の方が普段使っている海外のデオドラントは効果が抜群にあるということを知りました。

 

そこで今回は、わきがを自力で治す方法について、私が試したかいがい、多汗症の方に病院で処方されることもある成分が入った、海外のデオドラントを実際に使用してみての感想や使い方について

お話していこうと思います。

 市販の制汗剤は効果がない?

私は普段から脇汗について悩んでおり、夏場の暑い日もそうなのですが、冬場暖房の効いた部屋に入った時や、人前に出て話をする緊張するような場面などはインナーを貫通して上着の脇の部分まで湿ってしまう状況でした。

 

更に、家に帰って湿った脇の部分を嗅いでみるとすごいニオイがする状態で、脇汗と、ワキガのダブルパンチを喰らい、かなり悩んでいました。

 

その度に何か新しい制汗剤はないかとドラッグストアに探しては、銀イオンが入ったスプレーや、ロールオンタイプの制汗剤など、いろんなデオドラント製品を試していました。

 

しかし、制汗剤を塗った後すこし、脇の部分がサラサラする程度で、汗をかきやすい場面が来るといつも通り、脇汗がジワっと染み込んで来て、あまり効果を実感することは出来ませんでした。

 

そして、遂に、ドラッグストアに置いてある有名どころのデオドラント製品はすべて試し尽くして、手も足も出ない状況まで追い込まれてしまいました。

 

私は手術をするかしないかで本格的に悩み出すようになり、脇汗や、ワキガについて調べるようになりました。

 

そんなとき、ふとネットで目にしたのが、海外で売れているというデオドラントで、1度塗れば3日間汗が止まるというものでした。

私は半信半疑でしたが、手術で30万円程の金額を払うぐらいなら数千円のデオドラントを試してからでもいいかなと思い、購入して試してみることにしました。

 

後々調べてみると、海外の人は元々ワキガ体質の人が多く、制汗剤の分野では日本と比べ物にならないぐらい効果が高いものが多いそうです。私が日本のデオドラントで効果がなかったのはわきが体質に効果があるようなものが日本の市場では、出回ってないからだったのですね。

 

このデオドラントならわきが手術をすることなく、わきがを自力で治すことができるのではないかと思いました!

 

 

 病院で処方されるレベルの制汗剤!

手術を実行する前に、1度試しで買ってみた海外のデオドラント製品、半信半疑で実際に試してみるとピタッと脇汗が止まったんです!

本当に、怖いぐらいに、夏場、顔や背中から汗をかいても、脇だけはまったく湿っていないというぐらいに効果がありました!

そのデオドラント製品の名前はデトランスαというものです!

 

 

こちらのデオドラントはロールオンタイプのもので、中の液体を脇に塗って使用します。このデトランスα、あまりにも効果があるので、詳しく調べてみると、日本では、多汗症の治療薬として病院で処方されるレベルの代物のようで、市販では出回っていないようです。

 

デトランスαの効果と使い方

汗をピタッと止めるデトランスα、実際に口コミを調べてみると、汗が止まった!という声が多く、非常に高評価な製品となっております。

しかし、一定数、低評価の口コミもあり、低評価の口コミ内容の多くは、使うと脇が痒くなるというものでした。

そこで、まずは使ってみたいという方も、汗が止まる仕組みや、成分は気になるところだと思いますので説明していきます。

 

デトランスαの有効成分

デトランスαの有効成分はアルコールとアルミニウムになっております。

まずアルコールに関しては主に殺菌効果のために配合されており、アルミニウムによる肌の痒みなども抑える効果があります。

次にアルミニウムですが、こちらは汗と反応して固まるようになっており、汗腺の中で汗と混ざることによって汗腺に蓋をするようになっております。

 

汗が止まる仕組み

デトランスαを使用し、汗が止まる仕組みは、有効成分であるアルミニウムが汗腺に蓋をすることにより汗が出ていかない状況を作っています。

 

汗腺を塞ぐと身体に対して負担がかかるイメージがありますが、この蓋は5日程度で老廃物として体外に出ていく仕組みになっているため、そこは安心して使っていただけると思います。

 

ただ、蓋がなくなるということは汗が再び出るということですので3〜4日に1度は、デトランスαを脇に塗ることをおすすめします。

 

ニオイが出ない仕組み

基本的には汗腺に蓋をしており、汗が出ないようになっているのでニオイは発生しないのですが、かなり激しい運動をしたりすると多少は汗が出てしまいます。しかし、わきがの原因にもなるアポクリン腺からのアンモニアや、皮脂はしっかりと止めてくれるため、菌が繁殖できず、ニオイが出ないという仕組みになっております。

 

痒みが発生する理由

これに関してはアンモニウム自体がそもそも少し刺激のある成分になっており、それを汗腺に直接塗ることになるので、体質によっては痒みが出る場合があるようです。

しかし、多くの人は使い続けて慣れると痒みも気にならない程度になるそうなので、痒みに関してはある程度使ってみてから、判断するしか無さそうです。

 

デトランスαを使い方と注意点

 

デトランスαを使用する際の使い方の流れと、注意点として3つのポイントがあります。

1、脇毛を処理する

2、就寝前清潔な脇に塗る

3、朝、塗ったものを拭き取る(塗り直し不要)

 

1、脇毛を処理する

これに関しては、主に男性の方が多いかとは思いますが、脇毛がボーボーの方はデトランスαの液体が皮膚に到達しないことがあるので、ある程度脇毛の量を減らしておくことをおすすめします。

 

2、就寝前清潔な脇に塗る

通常、デオドラント製品は朝出かける前に付けるものがほとんどだと思うのですが、デトランスαは、汚れや、皮脂が付いた状態だと、汗腺まで成分が届かない為、お風呂上がりなど、清潔な状態の時に塗るのがベストです。

 

3、朝、塗ったものを拭き取る(塗り直し不要)

デトランスαの口コミでも多かった痒くなるというのが、この朝、塗ったものを拭き取っていない人に起こっている場合が多いようです。

というのもアンモニウムは基本的に刺激があるもので、やはり、皮膚に付くと痒くなってしまう場合があります。朝塗ったものを拭き取らないと皮膚の表面に付いた成分が湿気等で復活して痒くなることがあるそうなので、塗った次の日には朝、ウェットティッシュ等で拭き取りましょう。

 

 

デトランスαを実際に使ってみた感想

実際に私がデトランスαを使ってみて感じたことは、汗が怖いぐらいに止まるということ、

それと同時に塗った部分がすごく痒くなったということです(笑)

ちなみに脇の痒みに関しては、デトランスαの注意点にもある、朝塗った部分を拭き取る

ということを、私がしていなかったからだと思われます。

試しに朝しっかり拭き取ってみると痒みがマシになった気がしました。(慣れてきただけかもしれませんが、、、)

ですので、使用上の注意点はしっかり守って使うようにしましょう。

 

あと、皆様気にされるのがコスパに関してだと思いますが、デトランスα1本の通常価格が4800円と少し割高に感じられますが、使い続けると5日に1度くらいのペースで塗るだけですので15mLを使いきるのに3か月ぐらいかかります。

ですので、1ヶ月約1600円と計算すると、個人的にはそれほど高くはないかなぁと思います。

 

運動後の汗の量を比較

私の感想があまりにもあっさりしすぎていたと思うので(笑)

ここからは、実際にデトランスαを片方の脇につけた状態で、外を思いっきり走ってみてかいた汗の量を比較してみようと思います。

 

上の写真を見てもらうと、デトランスαをつけている部分の脇汗がほとんど出ていないことが分かると思います。

 

デトランスαは汗腺に蓋をすることで汗を止める仕組みになっているので、このように塗った部分の汗はピタッと止まります。

デトランスαの入手方法

このデトランスα パースピレックスですが、日本未入荷のデオドラントでデンマーク産の商品みたいです。

 

ですので、もちろんドラッグストア等には置いていませんし、いろいろなサイトを調べてみましたが、アマゾンには売っていなくて、メルカリ等のフリマサイトに、稀に商品が上がっている程度でした。

 

もし、買ってみようという方は、メルカリ等のフリマサイトで出品を待つか、公式サイトの初回キャンペーンがあるときに買うと2つで、メルカリに上がっている1個分ぐらいの値段で買えるので、初めての方は公式サイトのキャンペーンがあるときに買うのがおすすめです。

 

 

一応、キャンペーン期間中かは分からないですが、、、公式サイトのリンクを載せておきます。

↓↓↓

 まとめ

今回はわきがを自力で治す方法について、デトランスαという実際に病院で処方されるレベルの制汗剤を使ってみた結果を、お伝えしました。

 

使ってみての感想は、まず汗がしっかり止まるということ。あとは、少し痒みが出るということです。やはり、それだけ効果の高い制汗剤になるので、多少のデメリットもあるみたいです。

 

ただ、痒みに関しては、身体にとって害があるものではないそうなので、しっかり汗が止まるということを考えれば、試してみる価値はありそうです。

 

また、手術を考えている方はこちらのデオドラントを使えばわきが手術をせずに、脇汗を自力で止めることができると思います。

 

実際、私も継続して使っているので、わきが、脇汗に悩んでいる方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

-わきがを治す方法, わきが日記

Copyright© わきが対策室 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.